わき道をゆく

2017.5.24.
わき道をゆく
第115回 「青春の血で日本史を書くんだ」

 週末、目黒不動尊(天台宗・瀧泉寺)に行った。ちょっと見たいものがあったからだ。東急目黒線の駅から徒歩15分。 […]

2017.5.11.
わき道をゆく
第114回 「黒幕」の背後にいるカリスマ

 同じ本を4回連続で採り上げるのはいかがなものか。と言われそうだが、今回も菅野完さんの『日本会議の研究』(扶桑 […]

2017.4.28.
わき道をゆく
第113回 日本会議が持つ「宗教」の顔

 日本会議の話をつづけたい。組織の核・日本青年協議会(日青協)は谷口雅春の教えを封印したのか?という疑問にぶつ […]

2017.4.17.
わき道をゆく
第112回 「保守っぽいもの」を束ねた力

 安倍政権の黒幕とも噂される日本会議は、さまざまな宗教右翼の統一戦線である、という話を前回書いた。 その統一戦 […]

2012.8.6.
読み物
忌野清志郎とアジサイ革命

 このところ忌野清志郎にハマっている。きっかけはセブンイレブンのTVコマーシャルだ。 某夜、ウイスキーをなめな […]