わき道をゆく

2017.9.8.
わき道をゆく
第118回 「満州」と岸を支えたもの

 アカデミズムの世界で広くその名を知られる京大人文科学研究所の山室信一教授は、私の高校時代のクラスメートだ。  […]

2017.8.14.
わき道をゆく
第117回 岸の陰にいた男

 引きつづき「昭和の妖怪」岸信介のことを書くつもりだったが、資料を漁るうちに面白い本に出くわした。これを素通り […]

2017.6.23.
わき道をゆく
第116回 タカ派・岸信介の知られざる顔

「昭和の妖怪」岸信介と、「魔王」北一輝をめぐる旅の途中である。今回、立ち寄ったのは渋谷区の南平台。かつて岸首相 […]

2017.5.24.
わき道をゆく
第115回 「青春の血で日本史を書くんだ」

 週末、目黒不動尊(天台宗・瀧泉寺)に行った。ちょっと見たいものがあったからだ。東急目黒線の駅から徒歩15分。 […]

2017.5.11.
わき道をゆく
第114回 「黒幕」の背後にいるカリスマ

 同じ本を4回連続で採り上げるのはいかがなものか。と言われそうだが、今回も菅野完さんの『日本会議の研究』(扶桑 […]