最新記事 最新の記事5件

2009.10.16.
鵜の目
宮崎さんと私

宮崎さんの「談合文化論」を拝読いたしました。 談合や建設業の歴史を通して、日本の近代化と近代化のその後のあり方 […]

2009.10.14.
編集後記
第4回 10月14日

 ずいぶん長いこと編集後記が書けませんでした。私の叛民伝が一歩も進まなかったからです。毎日ああでもない、こうで […]

2009.10.13.
鵜の目
10月13日号

四茂野氏のホロウェイ論、網野善彦アジール論、アダモフスキー論を興味深く拝読しています。1960年代、1970年 […]

2009.10.13.
ホロウェイ論
その5 自律・自治と政治の間を結ぶもの

 これまで自律・自治をめざす共同体の営みを、日本の中世と現代のアルゼンチンで見てきました。

2009.10.6.
戦後日本が失ったもの:新しいアイデンティティを求めて
第七回:変化の時が訪れた

「本当に日本の風景は蘇りつつあるのだろうか」 八月の十二日に書いた前回の記事の末尾で、私は、そう述べた。

鵜の目 > 一覧へ

メディア掲載情報 > 一覧へ