エチオピアジャーナル

2014.9.25.
エチオピアジャーナル
第13回 最終回
1.WFP(国連世界食糧計画)の巨大なソビエト製の輸送機に緊急食糧の荷積が行われていた。紛争地に落下傘を付けて空中投下するとのこと。8月12日、エチオピアガンベラ空港で撮影。 2.母親が 栄養補助食品を栄養失調の幼児に与 […]
2014.4.3.
エチオピアジャーナル
(12)水戦争
撮影・大瀬二郎 日記を読む
2013.12.6.
エチオピアジャーナル
(11)身近に感じるテロリズム(2)
「おとうさん、どうして火が燃えてるの?」 幼児の娘が、ノートパソコンのスクリーンに映っている写真を見て言った。
2013.10.16.
エチオピアジャーナル
(10)身近に感じるテロリズム
「我々は、襲撃者を打倒し恥をかかせた(We have ashamed and defeated our attackers))とケニヤのケニヤッタ大統領が24日の夜、テレビ演説を行う。21日に隣国ソマリアのアルカイダ系イスラム武装勢力「アル・シャバブ」による、ケニヤの首都ナイロビのショッピングモールを襲撃が発生後、テレビやネットにかじりついた。
2012.12.20.
エチオピアジャーナル
(9)「ジャイアントの没落」
アメリカ大統領選の当日、「コダック社、退職者の健康保険・生存者扶助金の停止の許可下りる」という見出しがニューヨーク州北西部にあるローチェスターの地元紙の一面を飾った。
全 3ページ中1 ページ123