連載・最新記事 最新の記事5件

2022.9.23.
わき道をゆく
第195回 現代語訳・保古飛呂比 その⑲

[参考]一 (安政三年)十一月十二日、我が藩において藩士を長崎に遣わし、砲術ならびに海陸戦法をオランダ人から学ぼうとする。これを幕府に申し出た。その書に曰く。  拙者の家来の者六、七人ばかりを長崎表に派遣し、砲術ならびに […]

2022.9.9.
わき道をゆく
第194回 現代語訳・保古飛呂比 その⑱

一 (安政三年)八月十七日、藩において操練の手順に関する法令を定めた。次の通りである。 口述 このたび諸組(注①)による操練を仰せつけられたので、その手順を定めた法令を記した別紙を役場より渡すよう、お目付役一同がご指示を […]

2022.8.28.
わき道をゆく
第193回 現代語訳・保古飛呂比 その⑰

   保古飛呂比    巻四    安政三年から同六年まで  安政三年丙辰(ひのえたつ)            高行二七歳    正月 一 この月元旦、登城し、御流れ酒を頂戴した。 [参考]一 同四日、幕府が次のような指 […]

2022.8.12.
わき道をゆく
第192回 現代語訳・保古飛呂比 その⑯

一 右に関連して(藩行政トップの)御奉行職一同による添付文書は次の通り。 近年、藩の借財が増え、財政状況が悪化しているところ、一昨年の秋以来、異国船の動向が穏やかならず、海防対策の充実が看過できない問題となったので、先ご […]

2022.7.30.
わき道をゆく
第191回 現代語訳・保古飛呂比 その⑮

[参考] 一 九月ごろ、我が藩において万事、儀式の簡素化や経費節減が行われる。 この年、江戸において重大な書付(=幕府の命令を伝える公文書)等も出て、非常時のため儀式の簡素化・経費節減が命じられた。諸役場の悪弊を必ず改革 […]