ごまめの歯ぎしり

2010.6.4.
ごまめの歯ぎしり
顔を取り戻せ、言葉を取り戻せ、文体を取り戻せ、恥を取り戻せ。
作家の辺見庸さんは「新しい『ペン部隊』について」という論考のなかでそう語り、メディアの成員に「内部からの反乱」を呼びかけている。「反乱の勇気がないのなら、その場で静かに穿孔せよ。情報市場に細かな孔を開けてしまえ。帰属する […]
2010.4.5.
ごまめの歯ぎしり
にんげんの底からの革命
太宰治の「かくめい」と題する文章の一節。全文は「じぶんで、したことは、そのやうに、はっきり言はなければ、かくめいも何も、おこなはれません。じぶんで、さうしても、他のおこなひをしたく思って、にんげんは、かうしなければならぬ […]
2010.1.26.
ごまめの歯ぎしり
由緒正しい貧乏人
 5年前に亡くなったノンフィクション作家の本田靖春さんは生前、自分自身のことをそう言っていた。その言葉通り、彼は生涯おんぼろアパート暮らしで、カネやモノに執着しなかった。ただひたすら権力にこびず、節を曲げず、自由に生きる […]