60年代を考える〜私の情念のその後ノート

2009.6.3.
60年代を考える〜私の情念のその後ノート
第三回
 1965年12月11日の早朝、早稲田大学80周年事業の「目玉」とされていた「第2学生会館」の
2009.5.18.
60年代を考える〜私の情念のその後ノート
第二回
 前回の原稿を書き上げた直後に次のようなメールが私のもとに届いた。
2009.4.27.
60年代を考える〜私の情念のその後ノート
第一回
 今まで私は、’60年代論よりも’40年代論のほうに興味があった。それは、この国の官、政、財と国民の関係の基本形が’40年代に完成し、それが45年の敗戦によっても壊されることもなく現代まで生き続けていること。