Nさんへの手紙

2015.9.9.
Nさんへの手紙
第6信 職場闘争がもつ重要な意味

 破局へと向かう時代の流れに抵抗しようとする時、私たちは主体性の問題に直面します。主体性は、歴史の必然性を洞察 […]

2015.8.19.
Nさんへの手紙
第5信 ミスをしたら処分は仕方ないか

 前回は追伸が二つも付いた締まりのない手紙になり失礼しました。お伝えしたかったのは、不正に怒り、抵抗するところ […]

2015.8.5.
Nさんへの手紙
第4信 抵抗とヒューマニズム

 前回、主体性は確立されるものではなく、貫こうと努力し続けるものだと書きました。主体性を貫くとはどういうことな […]

2015.7.23.
Nさんへの手紙
第3信 主体性の確立?

 時代の流れに乗ってただ流されていけば、やがて訪れる悲惨な破局の中でニーメラーや伊丹のような後悔を噛みしめるこ […]

2015.7.8.
Nさんへの手紙
第2信  破局後の反省

 前回のお便りで、「近づく破局を見据えながら、その流れを阻止する努力を続けたい」などと偉そうに書きましたが、こ […]