戦後日本が失ったもの:新しいアイデンティティを求めて

2010.7.13.
戦後日本が失ったもの:新しいアイデンティティを求めて
最終回 新しい日本のアイデンティティ

「戦後日本が失ったもの:新しいアイデンティティを求めて」という標題の下でこの連載を書き始めてから、ちょうど一年がたった。
 そろそろ、今回の連載を終わりにしたいと思う。

2010.6.8.
戦後日本が失ったもの:新しいアイデンティティを求めて
第16回 ブータン

 手元に二冊の本がある。
 一冊目は、『ヒマラヤの王国ブータン』。私の父東郷文彦がブータンで撮った写真集とその解説文からなり、冒頭に、ブータンという国について父が記した15ページほどの紹介文が掲載されている。出版は、1965年

2010.5.18.
戦後日本が失ったもの:新しいアイデンティティを求めて
第十五回 グロ-バリゼーション

 世界に打って出る、世界を日本に引き入れる、冷戦終了から二十年、元気を失い始めた日本が、本当に元気をだすには、そうやって、外界との壁を壊すことしかない。

2010.4.15.
戦後日本が失ったもの:新しいアイデンティティを求めて
第十四回 教育

 実存すること、人間が、自分でしかない、全世界のなかでかけがえのない一人の人間になること、そういう話を先回の連載に書いた。  実存の問題は、最終的に、人間個人の責任に帰着する。  人間が、個人としての責任と自覚に到達する […]

2010.3.8.
フォーラム神保町
東郷ゼミ「戦後ニッポンが失ったもの〜第9弾/昭和天皇とはなんだったのか?」

概要 思えば、我が国は明治維新以来、東亜の一等国たらんとして、国力の強化と外交・軍事を駆使して驀進し、やがて、勢いあまって完膚無きまでに叩き潰されました。しかし、その後、武力で実現できなかったものを経済力で取り戻し、実現 […]