わき道をゆく

2016.11.11.
わき道をゆく
第105回 直訴状が生まれるまで
  西幸門前交差点は日比谷公園の角の大きな十字路だ。その近辺で115年前、田中正造(1841~1913年)の天皇直訴事件があったのをご存じだろうか。 1901(明治34)年12月10日のことである。明治天皇臨席のもと第1 […]
2016.10.21.
わき道をゆく
第104回 思いが残り、伝わるということ
 柳田国男の古典的名著『遠野物語』には、明治29(1896)年6月の三陸大津波にまつわる話が書き留められている。 ―岩手県の盆地・遠野から田の浜という海辺の村に婿入りした男がいた。名を福二という。 福二は、田の浜に押し寄 […]
全 2ページ中2 ページ12