わき道をゆく

2024.6.4.
わき道をゆく
第237回 現代語訳・保古飛呂比 その61

一 (元治元年十一月の)この月、御仕置衆より次の通り[日にちが明らかではないが、このころと思われるのでここに収める] 別紙 御自筆(※この場合、容堂の自筆という意味か。豊範は大坂滞在中)の文書の写しと、御奉行衆の添え書き […]

2024.5.21.
わき道をゆく
第236回 現代語訳・保古飛呂比 その60

[参考] 一 (元治元年)十一月朔日、土佐で米国の値段が定められる。 一 糯米(もちごめ)一石の代銀が二百五十六匁 一 吉米(上質の米) 同上。 一 太米(赤米) 二百五十二匁。 一 十一月二日、晴れ、講銀(講で積み立て […]

2024.5.7.
わき道をゆく
第235回 現代語訳・保古飛呂比 その59

一 (元治元年)九月六日、銀一匁につき銅銭二十文、鉄銭八十文になった。これは、先ごろ値上げを申し出たが採用されなかったため、時勢やむをえず今日に至り値上げしたものである。いわゆる一寸先は闇の面々が要路を占めているのは恐る […]

2024.4.24.
わき道をゆく
第234回 現代語訳・保古飛呂比 その58

一 (元治元年)八月二十六日、京都ヘ同行した武藤清八・松下與膳が帰藩。 一 同二十七日、自分と松木新平が帰藩。 一 同二十七日、帰藩のうえ聞いたところ、先月二十七日、自分等が高知を出発した日の夕刻、清岡道之助・治之助の暴 […]

2024.4.9.
わき道をゆく
第233回 現代語訳・保古飛呂比 その57

[参考] 一 (元治元年)八月五日、この日より長州が異船(外国船)と戦争、(注①) 一 長州の異国船との戦争に関する諸説。(元治元年八月) 大隅守(大坂町奉行・松平信敏のこと)組の盗賊方(大坂町奉行所の犯罪取締役)より申 […]