わき道をゆく

2018.12.6.
わき道をゆく
第137回 生き残った岸の民族主義

 そろそろ、岸信介とは何者だったかという問いに私なりの答えを出さなければならない。たぶんそれは、今の首相の安倍晋三とは何者なのかという問いにつながっていくはずだ。  岸は、巣鴨プリズンで記した『断想録』で1941(昭和1 […]

2018.11.9.
わき道をゆく
第136回 万代までも伝え残さん

1945(昭和20)年12月15日、荻窪の荻外荘は夜更けまで友人たちの出入りが絶えなかった。主人の近衛文麿がGHQの逮捕指令により、翌16日、巣鴨プリズンに出頭することになっていたからだ。  近衛の娘婿・細川護貞の『細川 […]

2018.10.16.
わき道をゆく
第135回 革新官僚・岸と全体主義の挫折

 前回は近衛新体制運動について書いたが、今回はそのつづきである。主として参考にさせてもらう文献は『昭和史講義―最新研究で見る戦争への道』(筒井清忠編・ちくま新書)である。  日米開戦直前の日本を熱病のように覆った近衛新体 […]

2018.9.27.
わき道をゆく
第134回 近衛新党の大誤算

 公爵・近衛文麿は生まれて8日目に母を産褥熱でなくした。やがて父は亡き妻の妹・貞子と結婚し、文麿は後に4人の異母弟妹をもつことになる。  だが、文麿は相当長ずるまで貞子を実の母と思っていた。それだけに真実を知った時の衝撃 […]

2018.9.10.
わき道をゆく
第133回 機密費と「日本版ナチス」

 日米開戦直前の第二次・第三次近衛内閣に陸海軍から上納された機密費の話をつづけたい。  富田健治(当時の内閣書記官長)の供述によると、機密費の相当部分が大政翼賛会をつくる際、近衛側近の風見章(第一次近衛内閣の書記官長)か […]