わき道をゆく

2019.4.24.
わき道をゆく
第142回 私の10冊②

  ここ(検察庁)で特ダネを連発すれば花形記者になり、特オチを連発すればダメ記者の烙印を押される。い […]

2019.3.29.
わき道をゆく
第141回 私の10冊①

 現代社会を描くうえでの必読書を10冊あげろという注文を編集長からいただいた。おやすいご用だと思って引き受けて […]

2019.3.4.
わき道をゆく
第140回 ぶれない弁護士

 自分の人生を振り返ると、幸運だったとしか言いようがない出来事がある。大学に入った1970年、一年先輩の安田好 […]

2019.1.31.
わき道をゆく
第139回  書評『大政翼賛会のメディアミックス』(大塚英志著)

 「翼賛一家」という漫画を存じだろうか。日米開戦の一年前、新日本漫画協会が大政翼賛会に献納した作品で […]

2019.1.9.
わき道をゆく
第138回 未来への希望の灯に

 振り返ってみると、週刊現代でこの連載が始まったのは東日本大震災の翌年の夏だった。当時は原発の再稼働に反対する […]