わき道をゆく

2021.5.7.
わき道をゆく
第160回 政治と検察(その10)

 東京地検が昭和電工事件の捜査をすべて終えたのは1948年の大晦日午後11時58分。新刑事訴訟法施行の2分前でした。事件の逮捕者は計64人。うち現職・元閣僚が3人、国会議員9人、元国会議員3人、公務員10人という空前絶後 […]

2021.4.12.
わき道をゆく
第159回 政治と検察(その9)

 前回、昭和電工事件最中の1948年7月に新刑事訴訟法が国会で成立したことを述べました。そこには「司法警察職員は、犯罪があると思料するときは犯人及び証拠を捜査する」と規定されていました。つまり捜査権をめぐる警察と検察の争 […]

2021.3.27.
わき道をゆく
第158回 政治と検察(その8)

 GS次長のケーディスを日本から追い出す計画を主導していたのは、吉田茂内閣の要人Sと、反共主義者チャールズ・ウィロビーが率いるG2でした。この計画に内務省調査局長の久山秀雄が加担し、警視庁にケーディスの身辺調査をさせてい […]

2021.3.10.
わき道をゆく
第157回 政治と検察(その7)

 1948年当時、GHQとの折衝に主として当たっていたのは東京地検の次席検事・馬場義続でした。馬場は後に東京地検に特捜部を設置して「特捜部の生みの親」「ミスター検察」といわれ、1964年に戦後七代目の検事総長に就任します […]

2021.2.22.
わき道をゆく
第156回 政治と検察(その6)

 前回につづきGHQ文書の内容を紹介します。1948年8月、米軍東京地区憲兵司令部で司令官(准将)のC・S・フェランと、東京地検次席検事の馬場義続の間で交わされたやりとりです。フェランはこう言います。「さて、占領軍関係者 […]