最新記事 最新の記事5件

2007.6.7.
フォーラム神保町
第16回「個別社会とメディア」

勉強会レポート  国家と個人、国家と「社会」を考える時、国家と個人の中間組織として存在する個別社会。その社会的な意味を明らかにすべく、柄谷行人氏の講演は宮崎学氏の著書『法と掟と』を入口にして始まった。 家族、村、組合とい […]

2007.6.1.
フォーラム神保町
第15回 「加藤邸放火事件・堀米判決とメディア」

勉強会レポート 今回も目からウロコ!だった「フォーラム神保町」。 2006年8月15日に加藤紘一邸放火事件に私が抱いていたイメージは、「年老いたうだつの上がらない右翼が、ギャンブル好きで借金はある。病気もあるしでヤケにな […]

2007.5.21.
フォーラム神保町
第14回「メディアと公共性」

勉強会レポート  テレビで「やらせ」が相次ぎ発覚する一方、一国の総理が個人とメディアに対し法的措置をとるという驚くべき事態……。メディアと公共性の関係はまさに今日性を孕んだテーマといえる。  従来の公私二元論に代わって、 […]

2007.5.17.
フォーラム神保町
第13回 緊急会見フォーラム! 『スペシャル対論!! 参議院改革!地域主義!アイヌ問題!』

勉強会レポート  佐藤優さんが司法の現状を嘆いた上で、「自分が書いている本というのは、人民法廷のための題材だと思っている。読者の人たち、メディアの人たちに判定してもう。国家による裁判所が唯一の裁判所じゃないと思う」とおっ […]

2007.4.18.
フォーラム神保町
第12回 「鈴木宗男事件とは何だったのか〜第2弾」

勉強会レポート 片や437日、もう片や512日。 長きに及んだ獄中での日々を無事、生き延び、 その経験をへて、 一人は地域政党の代表、 もう一人は言論界の寵児となって、 「新たな生」を、 自らの手でもぎとった男たちが語っ […]

鵜の目 > 一覧へ

メディア掲載情報 > 一覧へ